ウーマン

友好的M&Aの代表的手法

お金

M&Aの成功率を高める

諸般の事情によって事業の継続が困難となった会社では、会社再建への道を模索するかそれとも廃業かの選択肢を迫られます。廃業の道を選ぶことには大きな犠牲が伴いますが、それは万策が尽きた場合に選ぶ最後の選択肢です。多くのケースでは会社を再建させる道が残されており、最近ではM&Aと呼ばれる手法を利用して事業の一部または全部を友好的に譲渡する例が増えています。そうした友好的M&Aの道を選ぶ企業は経営悪化のケースだけでなく、後継者の不在で親族や社員への事業継承が困難な場合も含まれます。一般に企業買収は敵対的M&Aと友好的M&Aに大別されますが、さまざまな抵抗が予想される敵対的買収よりも友好的な事業譲渡の方が望ましいのは言うまでもありません。友好的M&Aを成功に導いて円滑な事業譲渡を実現させるには、交渉術や会社法・経営戦略など多方面の知識とテクニックが求められます。そうした知識を豊富に持つM&A・事業譲渡専門のコンサルタントを利用することにより、友好的M&Aの成功確率も高まります。人気のコンサルタントはこれまで多くの企業と企業とを結びつけ、友好的な事業譲渡を成立させてきた実績を持っているのです。

友好的M&A成功への道

M&Aコンサルタントを利用するには、一定の月額料金に加えてM&A成立時に成功報酬を支払うのが一般的です。コンサルタントはM&Aの提案だけでなく、交渉や契約書作成といった細部にわたるアドバイスを行っており、交渉相手とのミーティングまで手配してくれます。こうしたコンサルタントを利用せず独力でM&A交渉を進めていくのは、よほど経験のある人でない限り困難だと言えます。友好的M&Aを成立させるまでには数々の手続きを踏まなければならず、基本合意書の作成から監査を経て契約締結へと至ります。最終的にクロージングと呼ばれる決済にたどり着くまでには多くのハードルを越える必要もありますが、その都度コンサルタントが適切な指導をしてくれるのです。一般にM&Aでは合併や経営統合・会社分割といった手法も考えられますが、会社を存続させる上で最も有利なのは事業譲渡です。売り手側の所有する資産や負債を買い手側へ個別譲渡するのが事業譲渡の特徴で、債権者保護や簿外債務の他に税制面でも会社分割との違いが見られます。経験豊富なコンサルタントはそれぞれの企業事情に合わせた最適な譲渡方法を提案し、M&Aを成功に導いているのです。

色んな情報に触れること

スーツの男性

大阪で貸店舗を探す時には、色々な物件を見て、物件を探すうえでの価値観を養うことが大切です。また物件ごとの間取りを見て、物件ごとにより良いインテリアの配置を考えて、貸店舗を選ぶことも忘れてはいけません。

もっと詳しく

長い経営へ繋げていきます

診察室

大阪などの都心部で歯科医院を開業する際にも、専門業者を利用する事により、土地の確保や資金調達がスムーズに展開できます。歯科医院の開業は、事業計画書などの時点から自分が舵を取り、綿密に作業を進めていく事により、大きな失敗を回避する事にも繋がります。

もっと詳しく

レジの販売促進支援とは

男女

フランチャイズのように脱サラした店舗運営の経験がないオーナーでも、POSをレジに導入するだけで経営支援を受けることができます。どんな商品をどれくらい仕入れれば良いのかを的確に指示されるので、効率良く売り上げを増やすことができます。

もっと詳しく